志賀の七不思議 阿須須伎神社 茗荷さん 志賀郷 金河内町   綾部の文化財    駒札一覧表へ

志賀の七不思議と「茗荷さん」の縁起
その縁起
 今からおよそ1400年前の崇峻天皇の頃、大和朝廷は国の中心勢力を固めるため、金丸親王を遣わし、丹波の国々の地方豪族を征伐することになりました。すさまじい戦いに悪戦苦闘の末、ようやく丹波の国々を平定した金丸親王はおおいに喜び、これ一重に神仏のおかげによるものと、丹波の国々に七仏薬師如来を納め、国家の安泰を祈りました。
 また志賀の里の「藤波」「金宮」「若宮」「諏訪」「向田:後の篠田」の五つの社を厚く信仰されたということです。
 親王の子孫、金里宰相は、この五社の大明神に千日参りをされ、これを記念して藤波大明神には「藤」金宮大明神には「茗荷」若宮大明神には「萩」諏訪大明神には「柿」向田大明神には「竹」をお手植えされ、国家の安泰と子孫の繁栄を祈願され、このことを大和朝廷に報告されました。
 この時以来、この志賀の里にいろいろ不思議な奇瑞があらわれるようになったということです。
 なお、この五社のほかに、向田の「しずく松」「ゆるぎ松」にも同時に不思議な霊験があらわれ、これらをあわせ「志賀の七不思議」として今に語りつがれています。
その奇瑞  阿須須伎神社=金宮大明神の「茗荷さん」
 毎年旧暦の正月三日になると、日の出より8時までの間に、清水の流れる「お宝田」から茗荷3本出るのです。
 これを神前に供え、その茗荷の出る場所、その育ち具合いから、その年の稲作の早稲(ワセ)中稲(ナカテ)晩稲(オクテ)の吉・凶を占い、またその年の作物の出来具合い、風水害、かんばつまでも占います。
 この神事は、今も新暦の2月3日に「茗荷祭 祈願祭」として行われ、地元の人からは「ミョウガさん」として親しまれています。
 参拝者には、この占いの写し(お宝付きの写し)と魔除けの矢、甘酒、お餅などがふるまわれます。
 是非一度お詣りください。 志賀郷公民館
雪に埋まる参道 鳥居をくぐって (茗荷田は左) 奥に社殿が見える
宮司様の話を聞く 参拝風景
降りしきる雪の中でお祓い 降雪中の 参拝風景 甘酒の接待 舞い堂
禰宜(大志万昌次氏)の奏上 籠もり屋
積雪の中の社殿 全景 戸が開かれた茗荷田 水が張られていた(収穫の終わった跡)
滋賀の七不思議 「茗荷祭」「竹の子祭」取材記
1.自治会長さまに出会いに行く
 節分に行われる滋賀の七不思議茗荷さん」「竹の子さん」の取材について、時間と降雪時の道路状況の問い合わせ先について聞くために、今度NPO申請をされた「あやべ塾」の自主防災会議に出席されると聞いて参加した。
 阿須須伎神社(金河内町)、篠田神社(篠田町)、熊野神社(別所町)のHPのカラーコピーを渡して、各自治会長さん宅の電話番号を教えていただいた。
 阪神大震災の記念日前で、昨年の台風23号被害が綾部でもあり、引き続いて越後の震災、スマトラ沖の地震津波で防災意識の高まる中で、大勢の自治会長、市議会議員、消防署長など多数の参加があり、上原幸一自治会連合会長から、真っ赤な防災要員用のヤッケを提示しながら、防災訓練で全地域住民の参加が得られた話などあり、熱心な討議が行われた。その後、篠田神社境内で放水の消防訓練が行われたと市民新聞に報道されていた。

2.「掲示板」「ブログ」で地域情報ネット構築のお願い
 災害時の連絡手段には、多様な連絡網の構築が大切で、即時性のあるFM放送やインターネットの活用の効果も改めて見直されている。ADSLの設置網も農村部に広がり、YAHOO BBなどのインターネットが利用でき普及の拡大が期待されるが、地域情報の発信という点ではまだこれからで、地域内ではオフレコ放送など一定の情報伝達がなされているが、地域の外部までの情報発信を考えると皆無に近い。
 メールを持っている人が誰か一人、地域のたより掲示板ブログなどを開設されていれば、行事の案内も問い合わせ出来るし、それが地域情報の発信にもなる。非常時には通行止めのお知らせなど、きめの細かい連絡網の構築となる。
 是非、各町区に誰か一人は「地域のお知らせ」や「活動」を載せる「お知らせ掲示板」を開設されるようにお勧めしたい。電話帳のようにリストアップしておけば、これが立派なITのネット構築に他ならない。
 個人的に電話やメールで問い合わせても、一般に情報として発信されたことにならないが、掲示板ブログ)なら、地域内、グループ内の日常的なコミュニケーションをしながら、知らず知らずの間に外部に対しても「地域のお知らせ」になるので、その蓄積は大変価値のある地域広報の財産となる。

3.茗荷さん取材
3日朝は、前夜の積雪が踏みしめられて氷結した上に、薄く新雪が舞う最悪の路面となり、テカテカ、つるつるの道を中学生が滑りながら登校する有様で、急坂でトラブリ、タイヤチェンを付けて金河内まで走行することとなった。遅刻する旨を梅垣正一志賀郷地区自治会連合会長に電話し、着いたときは10時半前で「茗荷田」の刈り取りは終わっていて、拝殿の前に一同が集まられ、大志万昌次宮司から「茗荷占い」の解説を聞かれているところであった。 降りしきる雪の中でお祓いが行われ、登尾峠の登山などでお世話になった相根良一志賀郷和会長などの皆様、梅垣和夫体協評議員(テニス)など知っている地元の方々とお会いし、甘酒の接待をいただいた。

4.竹の子さん取材
 前日と異なり雪も解けて好天気の中を篠田町まで車を走らせた。着くともう大勢の村人が集まって「籠もり堂」前と「御ミノシベ」前で焚き火をされており、写真を撮りながら仲間に入れていただいた。昨日、阿須須伎神社の「茗荷さん」で出会った方も見えておられ、篠田町の自治会長、菅沼史朗氏と出会い祭礼の様子を伺った。
 相根良一志賀郷和会長に案内していただいて「御ミノシベ」の説明を聞き、山や谷に見立てた高低のある竹林と方角など、注連縄を張り巡らされた「御ミノシベ」を一周しながら「わせ」「なかて」「おくて」の竹の子を指さして教えていただき、その生え具合、「お刈り」が済んだ後の竹の子の色、艶の見方などを教わった。写真を撮っていると頭上の大木から大きな雪の固まりが落ちてきて被り驚いた。
 「茗荷さん」は、宮司さんが吉凶を解説されるが、「竹の子さん」は、各人が見て自分で判断するのだそうです。焚き火に当たっていると「竹の子」を探して札を立てられた方がおられ、背中が雪で濡れた跡が一杯についていた。
 神社総代の井田氏と出会い、2年程前に「志賀郷の七不思議」について新宮代表名で永井賞の申請が出ていたことをお話しすると、自分もその一人だとのことであった。
NHKの取材した様子を写真で並べた「観天望気撮影風景」を前に、即席で話をしていただき、参拝者も熱心に拝聴した。このビデオは、IT多目的ホールにも置かれ、同窓会の時に全国から集まった同窓生に見せたことがあり楽しんでもらえた。
 綾部市内からも顔見知りの方々の参拝もあり賑やかで、聞くと昔は梅迫(国鉄の駅がある)から歩いて行列が出来るほどの参拝であった。またこの神社にお参りした人からは一人も戦死者が出なかった、など御利益のある神様、良く当たる占いであったと思われる。
 11時に祢宜が太鼓で時を告げられ、白衣の神職の方が二人、残雪の残る「御ミノシベ」に入られ、素手で土を深く掘り、鎌などで根を切り離し、「わせ」「なかて」「おくて」と手を泥んこにしての「お刈り」をされた。
 拝殿の前に置かれた「竹の子の小宮」に並べて飾られ、祭礼後は各人が見て吉凶を判断しようと、人集りの様子が見られ微笑ましかった。