坂尾呂神社    上林 睦寄町    駒札一覧表へ    綾部の文化財

上まで続く石段と大鳥居 二の鳥居から本殿へ 本殿前に寄り添う杉の巨木
坂尾呂神社
祭神 須佐之男尊
例祭 9月5日(現在は10月5日)
本殿は、寛政6年(1789)領主の許可を受け再建に着手。6年後、若狭日置村の彦兵衛の手によって落成。
古文書に「若狭日置村彦兵衛、此人宮宅普請功者大工故頼被申候、作両高 銀四貫五百匁 米二十石 相極候」と記されている。


鳥居には「正一位坂尾呂大明神」の額がある。
指定文化財 綾部市指定 木造随身倚像 彫刻 2躯 室町時代
世継ぎの杉立札 標注 摂社 弁天宮社 摂社の背後も巨木の森
坂尾呂神社 世継ぎの杉は: 平成4年社務所建設のため伐採された樹齢約400年大杉の後継ぎとして、氏子中の世継ぎの安泰を祈願し、元伊勢皇大神社の大杉の種子を、京都府緑化センタ−で育成の苗を、平成14年の秋祭りに植樹したものである。平成14年10月吉日 坂尾呂神社総代会。
 取材記:午前中は好天気であったが、午後上林に入ると雨であった。武吉町の玉泉寺を取材し、小雨気味の中を十倉名畑町の神牟奈備神社前の府道に駐車し、本殿に上がり阿上社ご神体の石碑(綾部市最古の金石文:指定文化財)を取材。更に北上して睦合町の宝蔵寺前に駐車。名前が宝蔵禅寺とあったので取材を中止し、さらに北上してi五津合町の上林禅寺を雨の中で取材。
大町交差点を経て上林温泉進入路を通り越し、古屋から洞峠に向かう府道交差点手前で、通行者に金剛坂尾呂神社宝蔵寺の所在地を尋ねた。
金剛寺は橋を渡りすぐの所の右手に寺の門柱があるとのこと。いつも山帰りに寄る、蕎麦屋かんばやし「の」の隣であった。寺のあるのは知っていたが、寺名は知らなかった。
方、坂尾呂神社は、山の向こうだと言われた。金剛寺で取材中に寺の奥様?が顔を出されたので、取材の断りとHPの説明をした。雨も上がりはじめ、上林の山々に雲が立ち上がっていく。
草壁川の対岸に渡り車を走らせると、高い石段があり、途中に大きな鳥居が建つのが目に入った。
車を止めて見ると、坂尾呂神社参道標柱が建っていた。
一直線の急な石段を登る。途中に大鳥居があり、「正一位坂尾呂大明神」のが上がっていた。さらに石段を頂上まで上がる。何と、少し下り気味の平坦地で一本の道があるだけ。少し行くと先方に鳥居と神社が見えてきた。下りの石段があり道が横切りまた登りの石段がある。つまりこれが山の向こうの意味なのだ!神社の前には2本の大杉が聳え、左手の大杉は斜めに生えていて、頂上では右の大杉と交差していた。神社背後の森も巨木が多い森であった。帰りは左手に降りて村道を通って車まで戻った。