高倉神社  吉美 高倉町  「天一さん」の「ヒヤソ踊」 綾部の文化財一覧表へ 綾部の文化財

石段、鳥居、拝殿へ 鳥居と拝殿 常夜灯
高倉神社由縁略記
治承年間平清盛横暴を極め壇に朝権を寿し、畏くも後白河法皇幽閉し奉りしを以て、孝心深き第二皇子高倉宮以仁王は、父君を幽閉より救い、更に皇室の隆盛を挽回せんと、源三位頼政令旨を下し賜ふ。頼政奉じて勤王の兵をあげ、治承の難に至る。
逸道の激戦に官軍利あらず頼政宇治の平等院自刃。宮は南都御落延の途中光明寺下で流れ矢に当たり、薨御と偽り、実は近臣大槻光頼渡辺俊久十二士と潜に頼政の領地丹波路に供奉し、宮をして一時の危難を避け奉りしが、宮は不幸当地に御着馬の頃から、御矢傷次第に重く、治承四年六月九日吉美郷里村で薨御し給ふ。
養和元年九月九日神霊を奥谷の森合の高倉に(現在地)奉遷し、高倉天一大明神と勧請せり、 尓来御神徳は四方に輝き、世直しの神五穀豊穣万病平癒、殊に胃腸病快癒に御霊験高く、腹痛救護の神と世人の崇敬を聚め給ふ。
 降って元文年間神殿挙げて回録に罹り、旧記神宝悉く鳥有に帰したが、御神像のみ火中より収めて神殿に奉安した。神殿の再建は延享三年に落成したが、建設以来星霜を閲し、再び廃頽に傾き、明治四十年再建を計画、同四十三年八月竣工、旧神殿拝殿に改造し、新たに神殿竝びに透塀を造営、神域も拡張した。更に昭和五十三年奉紀八百年を記念し、宮の遺徳追慕顕彰せん為、拝殿の前に神札授与所大鳥居附近の参道石畳の新設、社務所の修復、新社務所の屋根の葺替、駐車場の新設等、広く氏子竝びに十二士後裔その他信仰者有志の多額の寄進を得て、昭和五十五年文字通り神社の面目一新、近郷稀に見る神社として整備された。 高倉神社社務所
指定文化財 京都府登録文化財 高倉神社拝殿 建造物 1棟 江戸時代
京都府決定 高倉神社文化財環境保全地区 環境保全地区
綾部市指定 ヒヤソ踊 無形民俗文化財 中世に始まる
高倉神社  祭礼
祭神 高倉以仁王
歳旦祭  1月  1日
祈年祭  2月 末日
大祓祭  6月 30日
土用丑祭 土用最初の丑の日
秋   祭 10月第二日曜日
勤労感謝祭 11月 23日
大祓祭 12月 30日
 
名木杉の御神木 社務所 拝殿正面
拝殿(府登録文化財)と本殿 拝殿上部の彫り物 高倉神社本殿
高倉神社のヒヤソ踊
 天一さんとよばれる高倉神社は、養和元年(1181)高倉以仁王もちひとおう)をまつった古社である。祭礼は吉美地区六町の総社として、十月十日に行われ、高倉町の本社から里町御旅所神輿の行列があり、ヒヤソ踊りは、この祭礼に奉納される田楽である。
この田楽は、中世に始まると思われ、昭和五十一年綾部市指定文化財に指定されている。
平成6年3月 綾部市教育委員会
十二士神社・稲荷神社・天満宮・金刀比羅神社
五葉の笹の由来
高倉神社の御祭神、以仁王は、治承四年(1180)六月吉美郷里へ辿りつかれましたが、矢傷が悪化して十二士や里人の介護もむなしく崩御されました。
 以仁王矢傷腹痛の激しさの中で「私が他界したら、この様な腹痛の苦しみを後世の万民が味わう事のないよう救い守護しよう」と仰せられました。
人間の身体内の大切な臓器五蔵心、肺、肝、脾、腎)といいます。笹の中にはこの五蔵を活性化させる成分を多量に含んでいます。健康飲料としてお茶代わりに用いる人もあります。
又、以仁王を奉じた源氏の紋は、笹りんどう五葉の笹を紋にしていますが、五葉の笹は、ちょうど手の指を広げた形になります。
境内には昔から美しい大きな笹がたくさん生育していました。人々はこの中から五葉の葉をつけたを探し出して、以仁王優しい掌として家に持ち帰り、守護を頂いて居ります。
少しでも多くの人が、お陰を頂かれますことを願っております。  高倉神社社務所
八坂神社 天照皇大神宮 伊邪那伎・伊邪那美神社鳥居
大地主神社鳥居           大地主神社(左) 伊邪那伎・伊邪那美神社(右)     2本の夫婦杉古木名木100選

綾根の文化財 第55号より
我が町の文化財
  新たに高倉神社拝殿が加わる
京都府登録文化財に併せて、高倉境内一帯文化財環境保全地区に決定しました。
 この度、高倉神社拝殿が、京都府文化財登録されました。私達同好の道を研究するものとして、同慶の至りです。これを機会に高倉神社建立・沿革にふれ、これを記念してご寄稿頂きましたお二人方のご執筆を掲載させて頂きます。

建立・沿革
 高倉神社は、綾部市高倉町に鎮座する。
 治承の乱後、吉美郷(現在の里町)にて死去した後白河天皇第二皇子高倉宮以仁王霊廊養和元年(一一八一)九月九日に当社地に遷し、高倉天一位大明神として勧請したのに始まる。
 その後、元文年間に火災に遭い社殿を焼失した。さらに延亨三年(一七四六)に本殿を再建したが、明治四十三年(一九一〇)に現在の本殿を新築し、旧本殿を拝殿に改築した。
 この建物は、延亨三年棟札により、大工は播州三木室田庄右衛門家久彫物師は大阪の長谷川如泉葺師は福知山の松本五右門であったことが判明する。播州三木室田姓大工については、多治神社所蔵旧本殿棟札宝暦五年(一七五五)、日吉町)に載る室田仁右衛門家田忠八幡神社本殿明和四年(一七六七)、美山町)の室田利兵衛稲粒神社本殿寛政十一年(一七九九)、福知山市)の室田儀右衛門家久などが知られている。長谷川姓彫物師については、本願寺阿弥陀堂宝暦十年((一七六〇)、京都市)の京都住人長谷川与助等が知られる。